旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

新幹線展望塔

新幹線展望塔

知内町内の「道の駅 しりうち」に併設された北海道新幹線の展望塔。高さが14mあり、新幹線が走行する様子を斜め上方向から見ることができます。展望フロアにはエレベーターと階段から昇降でき、さらにその上の屋上フロアには階段から行き来できます。

この展望塔がある地点は、新幹線と貨物線が線路を共用する区間内であるため、双方がすれ違う姿を見れるという全国でも非常に珍しい展望スポットであることが特長です。新幹線と貨物線の通過予想時刻は、展望塔備え付けの通過時刻表か、知内町役場HPから確認することができます。

名称 新幹線展望塔
ふりがな しんかんせんてんぼうとう
住所 北海道上磯郡知内町字湯の里48番地13
営業時間 [4月~11月]8:00~18:00 / [12月~3月]9:00~17:00
定休日 [4月~11月]無休 / [12月~3月]火曜日(祝日の場合は翌日) / 年末年始(12/31~1/3)
営業期間 通年
料金 入館無料
駐車場 道の駅駐車場を利用可能(無料)
アクセス [車] 木古内駅より車で16.7km 約20分 (国道228号沿い)
[バス] 木古内駅前の停留所「木古内駅前」より函館バス「松前出張所」行きバス 約28分、「知内駅前」停留所で降りて直ぐ
ホームページ 参考HP: http://www.town.shiriuchi.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001407.html (知内町役場HP)
お問い合わせ先 知内町役場 産業振興課 商工観光係 TEL:01392-5-6161

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

訪問記はこちら