旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

おとべ温泉 いこいの湯

おとべ温泉 いこいの湯

源泉掛け流しの温泉。赤褐色の泉質はリウマチ性疾患や動脈硬化などに効くとされています。さらに乙部町出身の日展作家・中川眞一郞氏の作品が湯船で鑑賞できる他、アートギャラリーを併設しています。

【泉質】ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
【効能】リウマチ性疾患、動脈硬化症、慢性消化器病、冷え性、創傷、慢性婦人病など

名称 おとべ温泉 いこいの湯
ふりがな おとべおんせん いこいのゆ
郵便番号 043-0104
住所 北海道爾志郡乙部町字館浦527-2
電話 0129-62-3264
営業時間 11:00~21:00
定休日 月曜日
営業期間 通年
駐車場 有り(無料 30台)
アクセス [車] (道道5号経由) JR木古内駅より車で61.8km 約1時間48分 (国道229号右折、光林荘隣り)
ホームページ http://www.town.otobe.lg.jp/section/sangyou/e0taal0000000ln1.html
(乙部町役場HP)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

訪問記はこちら