旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

『チロップ館』はどこか懐かしい展示品でいっぱい

『チロップ館』はどこか懐かしい展示品でいっぱい

【訪問日 2013/5/16】
国道228号線沿いに建つ、何やら不思議な看板を目印に曲がって奥に進むと、またまた不思議な建物が。周囲には何かのアニメらしき絵柄が点在し、不思議な空間に入り込んだような感じです。入口には「ご自由にどうぞ」の案内。入ると、いきなり熊とご対面! 剥製でした...。

内部には色んな物が所狭しと並んでいます。元小学校ということで、各教室ごとにテーマ別に展示されていますが、一見してテーマにそっていないようで実は沿っているのが面白いです。 旧体育館ではちょうど「雛・武者人形まつり」が行われていました。すごい数のおひな様です。それも全部寄付されたそうです。

管理人の熊谷さんがぜひ見て欲しいと言うのは「名誉旗」。 登校率などが優秀な学校に贈られた旗で、北海道内でたったの2旗しかないそうです。他にも見たことがない物がたくさんあります。隅々まで細かく見て回ると、意外な物に出会えるかも。  

紹介ページはこちら