旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

五勝手屋本舗

五勝手屋本舗

江戸期から江差で菓子商店を営んでいたが、明治3年に製造開始した「五勝手屋羊羹」をきっかけに道南を代表する老舗となった和菓子店。羊羹は北海道産の小豆と、北前船で運ばれてきた寒天砂糖を使用して製造が始めたが、基本的な製法は今でも変わらずに受け継がれています。 五勝手屋羊羹が全国的に有名になったきっかけは、昭和11年に天皇陛下が箱館に行幸した際、お土産として献上されたことによります。丸い紙筒から羊羹を押し出し、糸で切りつつ食べるスタイルは、どこかで見たことがあるのではないでしょうか。また、江差町の中心街にある本店では、ここでしか買うことのできない菓子もあります。

名称 五勝手屋本舗
ふりがな ごかってやほんぽ
郵便番号 043-0043
住所 北海道檜山郡江差町本町38
電話 0139-52-0022
営業時間 8:00~19:30(日曜日は19:00まで)
定休日 無休(元日を除く)
営業期間 通年
駐車場 2台
アクセス [車] 木古内駅から約1時間32分
[バス] 江差駅から函館バスで橋本町停留所まで約5分・函館バス橋本町停留所から徒歩約5分
ホームページ http://www.gokatteya.co.jp/

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

訪問記はこちら