旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

海の宿 矢越

海の宿 矢越

漁師を営んでいる女将の息子さんがその日の朝に獲った魚介類を中心に、知内産にこだわった料理と、矢越海岸に面し海が見える部屋ばかりの良好ロケーションが自慢の宿です。 旬の素材の新鮮さを生かした料理は品数も豊富でカメラの枠に収まらないほど。海沿いの立地を生かした海鮮料理だけでなく、自然豊かな知内から採れる山菜や野菜など、様々な種類を味わうことができます。お腹がいっぱいになった後は、波の音を聞きながらぐっすり眠ると、翌朝には美しい朝の海岸線を楽しめるでしょう。

名称 海の宿 矢越
ふりがな うみのやど やごし
住所 北海道上磯郡知内町字小谷石30
電話 01392-5-7854
駐車場 有り(無料・7台分)
アクセス [車] JR木古内駅より車で18.8km 約36分 (国道228号→道道531号)
[バス] 木古内駅前の停留所「木古内駅前」より函館バス「小谷石」行きバス 約37分、「滝の澗」停留所で降車
ホームページ (知内町観光協会) http://shiriuchi.co.jp/kankou/syukuhaku/11_index_msg.html
備考 ●収容人員:9名
●部屋数:4
●チェックイン時間:15:00
●チェックアウト時間:10:00
●風呂:共同風呂
●アメニティ:浴衣・バスタオル・歯ブラシセット・シャンプーリンス
●設備:洗濯機・ドライヤー
●送迎:応相談
●クレジットカード:不可

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

訪問記はこちら