旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

『バリアフリーホテル あすなろ』を見学して来ました

『バリアフリーホテル あすなろ』を見学して来ました

【訪問日2015/4/22】
オープンしたばかりの館内を総支配人の坂本さんに案内して頂きました。完全バリアフリーということで、各部屋1台は必ずリクライニングベッドとなっていたり、車イスのまま入室しやすいよう広いスペースがとられているなど、利用者に優しい設計になっています。
このホテルの魅力は温泉。北海道初の「タラソテラピー泉(海洋水)」やフィンランドサウナなど男性6種類女性7種類の温泉を楽しむことができます。温泉専用の車イスが用意されており、専用車のまま入浴することができます。なんて至れり尽くせり。
もう一つの魅力はお食事。元京王プラザホテル中華料理店の料理長が腕を振るう「広東料理」を楽しむことができるのです。
介護福祉士、ホームヘルパー2級の資格を持つスタッフが常駐しているので、介助もお任せくださいとのこと。
総支配人の坂本さんは「障がいのあるお客様も、障がいのあるスタッフも、みんなが安心して過ごせる”家”のようなホテル。たくさんの方にお越し頂きたいです。」と話してくださいました。

紹介ページはこちら