旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

勝山館跡ガイダンス施設

勝山館跡ガイダンス施設

広大な勝山館跡の模型や発掘物などを展示紹介する施設。 勝山館の模型は、当時の建築物はもちろん、周辺の地形や暮らす人々の装束まで再現しており、館の全体像や特徴を理解するのに最適なものとなっています。発掘物コーナーでは謎の多い少女の遺骨や陶器類など、上ノ国町内の他の館跡からの出土品も含めて幅広く展示おり、あまり知られていない中世蝦夷地の生活ぶりを垣間見ることができます。 この施設を見学した後は、山の斜面に沿って広がっている勝山館跡や、すぐ隣にそびえている夷王山山頂にも足を延ばすのがおススメです。

訪問記はこちら

名称 勝山館跡ガイダンス施設
ふりがな かつやまだてあと がいだんすしせつ
郵便番号 049-0601
住所 北海道檜山郡上ノ国町字勝山
電話 0139-55-2400
営業時間 10:00~16:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日) / 祝日の翌日
営業期間 4月第4土曜日~11月第2日曜日
料金 大人200円 小中高生100円 / 20名以上の団体 大人160円 小中高生80円 / ※勝山館跡・夷王山墳墓群は無料 (※料金は2018年時点)
駐車場 有り(無料) (大型バス可)
アクセス [車] 木古内駅南口より車で42.8km 約1時間 (道道5号→国道228号を松前方面へ→道の駅もんじゅ手前を左折→上り坂を1.4km進む)

[バス その1] 「木古内駅前」バス停で函館バス「江差木古内線・江差病院前行きまたは江差高校前行き」に乗車し、約70分後「大留」バス停で降車。近接する「上ノ国駅前」バス停で函館バス「小砂子線・原口漁港前行き」(1日4本)に乗車し、約4分後「上ノ国」バス停で降車。国道228号を松前方面へ約3分 230m歩き、上ノ國八幡宮と上國寺の間の細い坂道(未舗装。スニーカー等の歩きやすい靴を推奨。登山靴までは不要。)を約30分登ると「勝山館跡」。さらに10~20分程登ると「勝山館跡ガイダンス施設」。(バス小砂子線に乗車せず大留バス停から歩くと、上國寺まで徒歩約28分 2.2km。)

[バス その2] 「木古内駅前」バス停で函館バス「江差木古内線・江差病院前行きまたは江差高校前行き」に乗車し、約70分後「大留」バス停で降車。近接する「上ノ国駅前」バス停で函館バス「小砂子線・原口漁港前行き」(1日4本)に乗車し、約6分後「原歌」バス停で降車。国道228号を江差方面へ来た道を戻る形で約4分 350m歩いて右折。右折後に上り坂を1.4km歩くと左側に「勝山館跡ガイダンス施設」。(小砂子線バスに乗車せず大留バス停から歩くと、最後の上り坂1.4km手前の分岐地点まで徒歩約37分 2.9km。)
ホームページ 上ノ国町役場HP: http://www.town.kaminokuni.lg.jp/hotnews/detail/00000391.html
お問い合わせ先 上ノ国町教育委員会文化財グループ TEL 0139-55-2230
備考 2017年4月、勝山館跡が「続 日本100名城」(102番目)に認定されました。
100名城スタンプはこちらの「勝山館跡ガイダンス施設」で開館時間中に押印可能です。
休館日や閉館期間中のスタンプ取扱については上記リンク(上ノ国町役場HP)を参照ください。

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

Translate »