旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

黒米

黒米

福島町の黒米は、拓殖大学北海道短期大学の石村櫻名誉教授の研究により、北海道の気候に適合した「きたのむらさき」という品種で、フィリピンの国際イネ研究所から入手した黒米と北海道のもち米を掛け合わせてできたもち米です。 道南で黒米の本格的な栽培を初めて行ったのが福島町です。 白米よりも健康成分が豊富で、健康食品としても注目されています。

名称 黒米
ふりがな くろまい
ホームページ http://fukushima-jibasan.hakodate.jp/04/default.htm (ふくしま海鮮市場HP)
お問い合わせ先 福島町黒米生産会(事務局 福島町役場農林課農林グループ) TEL 0139-47-3002

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

訪問記はこちら