旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

木古内の坊 孝行餅

木古内の坊 孝行餅

地元に言い伝えられてきた、目が見えないながら付け木を売り歩いて、貧苦に耐えて親孝行したことが報われ、大阪の富豪の家に生まれ変わったという実在の人物「木古内の坊」にちなんで名付けられた、1934年の創業以来の代表的な銘菓です。 醤油味のクルミ入りゆべしです。木古内駅に程近い場所の和菓子店「末廣庵」で販売しています。

名称 木古内の坊 孝行餅
ふりがな きこないのぼう こうこうもち
郵便番号 049-0422
住所 北海道上磯郡木古内町字本町237番地
ホームページ http://koukoumoti.com/ (末廣庵 公式HP)
お問い合わせ先 木古内の坊 孝行餅本舗 末廣庵有限会社 TEL:01392-2-2069

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※本ページ記載の情報は取材時点のものです。

訪問記はこちら

Translate »