旬感・千年北海道

青函トンネルを抜けて広がる、北の9都な物語

松前町の道の駅で旬の「松前本マグロ」♪

【訪問日 2017.10.7】

先日、9月の16~17日に松前町で「松前城下マグロまつり」が開催されましたね。

実は、松前町は津軽海峡で獲れる本マグロの一大産地でもありまして、旬を迎えたことを祝うイベントが開催されたという訳です。

折悪しくそのイベントにはお邪魔できなかったのですが、先日、松前町の道の駅「北前船 松前」内の食堂「北前食堂」にて、旬のマグロを味わう機会がありました。

諸事情から写真が少ないことはご勘弁ください(^_^;)

やはり松前本マグロを素材そのままで味わいたいということで、数あるマグロメニューの中から「松前本マグロ定食」をオーダーしました。

出てくるお刺身は鮪の赤身のみという豪快さがいいですね。

▲ コレをずっと食べたかったんですよ♪

もちろん、タダの本マグロの赤身ではありません。冷凍していない「生」の本マグロなんです。

生を食べる機会は貴重ですよね~。

 

ちなみに、松前の本マグロは他のマグロ産地との差別化するため、品質向上の取り組みを進めています。

例えば、船上活締めや、塩水氷を船に持ち込んで最良の状態で冷やすなど。

これはマグロの傷みを極力抑えるには、素早く血抜きをして素早く冷やす必要があるためです。

 

そんな極上の松前本マグロの「生」を味わえる機会は今のうち♪

夏から秋にかけての漁期の内で後半あたりが狙い目でしょうか。

 

紹介ページはこちら